フィリップスとサムスン電子、ソニー、松下電器産業の4社は6月13日、AV機器向けの無線リモコンの標準仕様の開発を行うと発表した。フリースケール・セミコンダクタと沖電気工業、テキサス・インスツルメンツの半導体各社と協調し、7社で「RF4CE(Radio Frequency for Consumer Electronics)コンソーシアム」を結成。無線リモコンの開発の通信規約の策定を目指す。

 今回、RF4CEコンソーシアムは、リモコンを機器に向けずに操作する「見通し外操作」やAV機器とリモコン間の双方向通信を実現するため、新たな通信方式の策定に乗り出した。新規格では、2.4GHz帯のiEEE802.15.4のPHY/MAC方式をベースとし、低消費電力で高速起動が行える。あわせて、同コンソーシアムは、N対N形態の双方向伝送や他の2.4GHz帯無線との共存、誤接続防止と簡単なセキュリティ設定ができる無線プラットホームの開発を目指す。