東芝ソリューション(梶川茂司社長)は、GUI(グラフィック・ユーザー・インーフェイス)の自動テスト技術「GUIPilot」を開発したと発表した。

 ソフトウェアの開発工程で、機能や性能のテストを自動化する技術。具体的には、GUIに表示する画面部品を画像として認識し、画面上のどの位置でマウスクリックやキーボード入力すべきかを判断。GUIを自動操作することで、ソフトのテスト効率化や品質向上に役立てる。東芝ソリューションのIT技術研究所が開発した。