マイクロソフトは7月3日、企業内のIT資産の管理ソリューション「Microsoft System Center Configuration Manager 2007 Service Pack1 日本語版(SSCM)」の提供を開始したと発表した。

 サーバーやクライアントPC、モバイル機器などのハードウェアと、ソフトウェア資産の管理が可能。セキュリティ管理・監査、更新プログラム管理、オペレーティングシステムとアプリケーションの配布などの情報を一元的に制御できる。

 Windows Server 2008 Active Directoryを活用した、ネットワークアクセス保護機能に対応。セキュリティを強化。ソフトウェアカタログのカスタマイズを可能にするユーザーインターフェイスを追加した。Windows Server 2008とWindows Vista SP1のプラットフォームに対応し、インテル アクティブ・マネジメント・テクノロジーもサポートする。