ニューシステムテクノロジー(NST、野田信昭代表取締役)とアクアシステムズ(赤間保社長)は協業してデータベース(DB)向けセキュリティソリューション「XYZero」を共同開発した。両社はDBセキュリティ製品を協業前からそれぞれ販売しており、顧客への提案の場面では一部で競合になっていたとみられるが、競争力あるDBセキュリティ対策の提案には両社がそれぞれ持っていた製品を組み合わせるメリットもあると判断した。ライバル関係にあったDBセキュリティベンダーが互いに手を組み、共同で市場を切り拓く。

 「XYZero」は、DBのアクセスログを収集・保存し、情報漏えいなどの問題があった場合にどんな操作があったかを把握することが可能な、DBの操作情報管理ソリューション。NSTのマルチベンダー対応DBセキュリティツール「Chakra」でネットワーク経由のログを取り、アクアシステムズの「Audit MASTER」でローカルアクセスのログを取得する。「100%のログ収集が可能」(両社の担当者)という。導入にはエージェントソフトを入れる必要がなく、設定も容易にした。オラクルのBIツール「Oracle BI SE One」と組み合わせれば、取得したログの分析・レポート出力が低コストで実現可能という。

 両社は従来、DBセキュリティを個別に販売してきた。NSTは、2004年に発売した「Chakra」の日本総販売代理店。「Chakra」はDBセキュリティの準大手製品として認知されており、大塚商会などを通じて約150社に納入している。一方、アクアシステムズは、オラクル関連のツールやソリューション開発に特化したITベンダーで、04年末にオラクル製DBの監査ツール「Audit MASTER」を発売した。富士通系販売パートナーを中心に販売し、約70社に納入した実績がある。

 今回の協業は、両社の強みを生かした競争力のあるソリューションを開発・販売することが互いにメリットがあると判断したため。アクアの製品は、オラクル製DBにしか対応していなかったが、「XYZero」では主要DBをサポートできる。一方、NSTは、ローカルアクセスログの取得が弱かった部分をカバーできるようになった。

 また、協業の背景には「DBセキュリティ市場を活性化する狙いもある」(アクアシステムズの赤間社長)。重要な経営情報や機密データの格納先であるDBのセキュリティ対策はまだ進んでいないのが現状。「1社でマーケットを開拓するよりも2社で力を合わせたほうが市場を切り拓ける」(赤間社長)と考えたこともある。NSTの越川ひろみ・営業部マネージャーも「DBへのセキュリティ対策が軽視されている現状を変える必要がある」と説明している。

 両社は開発だけでなく、販売面でも協業する。パートナーやユーザー向けのセミナーを共同展開。2か月に1度の頻度で開催する予定で、7月上旬に第1回目を開いた。価格は最小構成で500万円程度。発売後1年間で200システムの販売を見込む。過去の実績からみると、両社ともに挑戦的な計画を立てており、協業効果に期待している。