日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は7月29日、プロジェクト管理を支援するソフトウェア「HP Project and Portfolio Management 7.5」を9月1日に発売すると発表した。最小構成価格は、710万4720円。

 IT戦略の立案を管理するソフトウェアで、複数のプロジェクトを横断的に管理しながら、経営戦略の視点から人材や予算の割当てなどを行える。また、Portfolio Optimization機能のシナリオ分析を備えており、どのプロジェクトの組み合わせが最適かを自動計算し、予算や効果、重要度、リスクなどは数値化して、色別のグラフで表示できる。

 全プロジェクトの進捗状況をリアルタイムに可視化するため、プロジェクトスタート時点から全関係者の方向性を統一することが可能。。さらに、日本HPが販売する品質管理や運用管理ソリューションと組み合わせることで、戦略立案からアプリケーション開発、運用までを管理できる。