ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は、メールゲートウェイ向けの統合メッセージセキュリティソリューション「Email Security and Control」の最新版を発売した。

 従来技術では防御不可能だったボットネットからのスパムをブロックできる最新技術「Sophos Sender Genotype Technology(遺伝子型送信者検知技術)」を新搭載。ボットネットが配信するスパムの多様な特性を把握・検知する。従来搭載していた疑わしいIPアドレスリストを複数集めて参照する「Sophos IP Block list」機能と併用することで、スパムを90%防御可能という。

 税別価格は、100ユーザー1年間の場合で1ユーザーあたり3780円。1000ユーザー1年間の場合で1ユーザーあたり2100円。