マイクロソフトは8月1日、「Microsoft SQL Server 2008 (SQL Server 2008)」日本語版のボリュームライセンスを発売した。パッケージ製品も9月19日に発売する。

 「SQL Server 2008」は、「SQL Server 2005」をベースに、多様化するビジネスニーズに対応する機能を標準搭載したリレーショナルデータベースマネジメントシステム。さまざまな開発規模に対応するため、「Enterprise」「Standard」「Workgroup」「Web」「Developer」の5つのエディションと、柔軟なライセンス体系を用意。

 「Enterprise」は、「SQL Server 2008」が提供するすべての機能とサービスを搭載し、ミッションクリティカルシステムや大規模システム、ビジネスインテリジェンスシステムに最適な信頼性と拡張性を提供する。「Standard」は、データマネジメントとビジネスインテリジェンス基盤を提供し、中規模システムの幅広いビジネスニーズに対応。「Workgroup」はデータ マネジメントとレポーティング機能を搭載し、小規模システムに最適な機能とサービスを提供する。

 「Web」は、「SQL Server 2008」から追加された新しいエディション。ウェブページ、ウェブサイト、ウェブアプリケーション、ウェブサービスをサポートする目的に使用範囲を設定し、5つのラインアップのなかで最も低価格で導入することが可能。サービスプロバイダー向けライセンスを8月1日、ボリュームライセンスを10月1日から提供する。「Developer」は開発者向けのエディションで、アプリケーション開発とテスト、「SQL Server 2008」の評価などの目的で利用できる。

 税別価格は「SQL Server 2008 Enterprise」プロセッサライセンスのOpen Businessが425万円、Select Aが290万8800円、サーバーライセンスのOpen Businessが145万円、Select Aが103万2500円など。

 「SQL Server 2008」については、全世界での早期導入プログラム通じ、国内でも149社のパートナー企業が195のアプリケーションおよびソリューションの対応を表明。トステムでは、すでに本稼動を始めたという。マイクロソフトでは、「SQL Server」の技術者育成施策をより強化するため、CSK Win テクノロジの熊澤幸生CTOを、8月1日付で技術顧問として招聘した。