サイバートラスト(阿多親市社長)はジュニパーネットワークス(大須賀雅憲代表取締役)と協業し、スマートフォンのセキュリティソリューションをパッケージ化して提供開始した。自社のチャネル、ジュニパーのチャネルなども利用しながら「外回りの職種や、管理者層など100ユーザー規模の部門などでの利用を見込んでいる」(北村裕司技術本部 本部長)としている。

 スマートフォンにOS「Windows Mobile 6」が搭載されたことで、使い勝手が向上した。スマートフォンは現在、100万台の市場にまで伸びてきているという。ソフトバンクモバイル、NTTドコモなど各キャリアも端末を揃えてきていて、業務に導入する企業も増えている。

 このように業務での利用が増える一方で、どこからでもネットワークにアクセスすることができるため、セキュリティ面を懸念する声もあった。「ノートPCに比べ、スマートフォンのようなモバイル端末はメールを確認するなど、ライトな使い方が多い。とはいうものの、社内ネットワークにアクセスするのに、PCと同等のセキュリティレベルを確保する必要がある」(北村本部長)と説明する。

 新しく提供するのはこれまでのノートPC向けのセキュリティソリューションをスマートフォン用にパッケージ化して展開したもの。ジュニパーネットワークスのSSL VPN製品である「Secure Access」シリーズとサイバートラストの提供するSSL VPNクライアント認証用証明書発行サービス「シェアードPKI for SSL VPN」を組み合わせた。外部から社内ネットワークに接続する際、SSLによる通信の暗号化に加え電子証明書による認証を行うことでセキュリティを強化した。また、接続時に端末の検疫を行い、OSやプロセス、レジストリ、ウイルスの定義をチェックする。安価に導入することが可能で中小企業のニーズにも対応できる。