ディアイティ(下村正洋社長)は、Winny上の暴露ウイルスによる情報漏えいを擬似体験できるフリーウェア「暴露ウイルス体験ツール」を8月27日から同社のWebサイトで無償配布を開始した。

 「暴露ウイルス体験ツール」は、パソコン内のファイルの取り扱いの重要性と、Winnyなどを介したウイルス感染の恐ろしさを擬似体験できるツール。同社が提供してきた「情報漏えい事故対応サービス」で培った経験を生かし、情報漏えい事故の未然防止を図ることを目的に開発した。

 ユーザーは、このツールをWindows搭載のクライアントPCで実行することで、Winnyなどを経由してウイルスに感染した場合のパソコンのシステムディスク内にあるファイルが、どのようなファイル名でネットワーク上に流出するかを擬似体験することが可能。こうしたウイルス感染の特徴的な動きの擬似体験を通して、パソコン上にあるファイルの把握、不要ファイルおよびアプリケーションを見直すことができる。