伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、奥田陽一社長)は9月10日、デジタルフォレスト(猪塚武社長)と販売代理店契約を締結したとを発表した。

 今回の契約で、CTCは自社の情報戦略基盤の構築技術とデジタルフォレストのアクセス解析ツール「Visionalist」を組み合わせた、統合戦略ソリューションを販売。ライセンス販売型の「Visionalistエンタープライズ」のシステムインテグレーターとして初めての販売代理店となり、「Netezza+Visionalist」を発売する。

 「Visionalist」は、ウェブマーケティングのPDCAサイクルを効果的に回し、マーケティング活動におけるサイトへのコンバージョン効果と広告投資効果を最大化するアクセス解析ツール。サイト利用者の行動パターンや経路など、広告の効果分析を詳細に行うことで、適切な対策がとることができる。

 「Visionalistエンタープライズ」は、セキュリティ、月間数100万-数10億PVのサイトを持つ企業向けソリューション。状況に応じて、セキュリティ対策の構築が行なえる。ほかのシステムと連携をする場合のカスタマイズもできる。