ブロードバンドタワー(大和敏彦社長)は、シスコシステムズ合同会社(エザード・オーバービーク社長兼最高経営責任者)の「Cisco Anomaly Guard/Detector Module」を導入したネットワークセキュリティサービス「NetGu@rd(ネットガード)」を、「BBTowerデータセンター」の利用者向けに提供開始した。

 「NetGu@rd」は、DDoS攻撃を自動的に検知し、ブロードバンドタワーのネットワーク内で自動防御するセキュリティサービス。ブロードバンドタワーの既存ネットワークトポロジーを生かしたまま導入することで、既存サイト全域の利用者へのサービス提供を実現した。

 通常はモニタリングだけで異常を検知した時、悪意あるトラフィックだけを処理するため、通常のトラフィックには影響を与えない。ネットワークトポロジーの上位にサービス機能を組み込むことで、利用者との接続条件に依存せずにサービス提供できる。