ジャストシステムは、エンタープライズ・サーチ・プラットフォーム「ConceptBase Enterprise Search」の新ラインアップとして「ConceptBase Enterprise Search Workgroup Edition」と「ConceptBase Enterprise Search Basic Edition」を9月24日に発売する。税別価格は「ConceptBase Enterprise Search Workgroup Edition」が1サーバー500万円、「ConceptBase Enterprise Search Basic Edition」が1サーバー200万円。

 「ConceptBase Enterprise Search」は、企業内のビジネス文書を正確に判別するための高度な日本語処理技術と、文書内容を自動解析した高機能な検索インデックスにより、業務目的に合わせた高精度な検索結果を提供するプラットフォーム。

 「ConceptBase Enterprise Search Workgroup Edition」は、文書自動解析による構造化インデックス機能を使った高度な業務システムを、部門単位で構築することに適したモデル。部門での情報共有・活用に最適となっている。システム全体で登録可能な文書数は100万文書、登録可能なインデックス数は200個。

 一方、「ConceptBase Enterprise Search Basic Edition」は、小グループ単位での情報共有・活用に最適なモデル。システム全体で登録可能な文書数は25万文書、登録可能なインデックス数は100個。いずれも共通のエンジンを採用しており、用途や規模に合わせたシステム構築・導入を開始できる。

 なお、あわせてリレーショナルデータベースと連携し、蓄積されているデータを「ConceptBase Enterprise Search」から利用可能にする「ConceptBase Enterprise Search コネクタ for RDB」を同時発売する。価格は、1ノードあたり100万円(税別)。