ブロードバンドタワー(大和敏彦社長)は、インテルアーキテクチャ(IA)の仮想化技術を利用したマネージドホスティングサービス「FlexQuick」を10月1日から開始する。

 「FlexQuick」は、IAサーバーによる仮想ホスティングサービス。サーバーハードを共用することで、短期間かつリーズナブルな価格でのサービス提供を実現する。電源効率と運用管理性の良いハイエンド機器で構成し、仮想化プラットフォームにはOS仮想化ソリューションで実績をもつParallels Virtuozzo Containersを採用した。

 仮想化技術を導入することにより、一時的なアクセスの増加が見込まれる場合などでも柔軟な拡張が可能となり、サーバー調達などシステム構築にかかわる工数を大幅に軽減することができる。契約ユーザーは、安定したデータ運用に加え、キャンペーン実施時のスケールアップにも十分対応することが可能となる。