EAI(企業内データ連携)ベンダーのテラスカイ(佐藤秀哉社長)は、クライアント/サーバー型(C/S)の企業システムとSaaS(Software as a Service)アプリケーションを短期間・低コストに連携する自社開発サービス「SkyOnDemand(スカイオンデマンド)」の提供を10月1日から開始する。EAI導入で実績のあるNTTソフトウェア(伊土誠一社長)と販売代理店契約を結び、同社を通じて従業員100-1000人規模の中堅・中小企業に販売する。同サービスを含めたシステム構築全体の売上高は、両社で初年度2億円、2011年度(12年4月期)に100億円を目指す。

 「SkyOnDemand」は、同社で「SaaS型システム連携サービス」と呼ぶもので、高価なEAIツールを導入せずにSaaSアプリケーションと社内システム連携を可能とする。

 同サービスでは、米セールスフォース・ドットコムなどのSaaSアプリケーションと企業システムの連携をSaaS型サービスで実現可能。例えば、社内システムの顧客データなどを「Salesforce」に連携し同期を取ったり、同製品上の受注データを企業システムにバックアップする際などに、データ連携の新たなシステム構築の必要がなくなる。

 企業システムとSaaSアプリケーションを連携するには、高価なEAIツールなどを利用して連携プログラムを開発し、社内に連携サーバーを設置するなど高額なシステム投資が発生する。このため、国内市場にSaaSアプリケーションが揃っても従来のC/Sに連携できず、SaaSが普及しない要因になっていた。特に、SaaS利用の恩恵を受けるとされる中堅・中小企業では、こうした新たなシステム投資に慎重。同サービスは、初期料金が30万円から(1組織あたり)で月額料金も3スクリプトまで7万円などと格安にシステム連携でき、競合製品も見当たらず拡大が期待できる。

 今回のサービス提供は、NTTソフトを販売総代理店として販売展開。NTTソフトは同サービスを活用したSI(システムインテグレーション)ビジネスを開拓する。「同サービスは、直販とNTTソフトから間接販売する。将来的には、NTTソフトの通信技術などを活用し、データセンター(DC)向けに同サービスを展開したり、自社でDCを借りて運用することも検討する」(佐藤社長)と、PaaS(Platform as a Service)への展開も将来的に検討する予定だ。