ソフトバンク・テクノロジーをはじめとするソフトバンクグループ6社は9月24日、EC(電子商取引)ビジネスに必要なシステムやサービスを一元化して提供するソリューション「ECサイト運営支援ソリューション」の開発で業務提携したと発表した。

 開発するのはECビジネスを始めるための初期投資の削減や準備期間の短縮と、効果的なマーケティング戦略の企画立案を支援するソリューション。ソフトバンク・テクノロジーのサービス「ワンストップECサービス」を核に、ECサイトの構築や運営、決済、回収や物流システムなどの構築、データセンター、サーバー証明書、コンタクトセンター、マーケティングサービスなどを6社が共同で提供する。

 具体的には、ソフトバンク・テクノロジーがECサービスの運営代行サービス「ワンストップECサービス」を提供。ソフトバンクBBがコンタクトセンターサービス、ソフトバンク・ペイメント・サービスが決済・回収サービス、ソフトバンク・フレームワークスが物流サービス、ソフトバンクIDCがデータセンターホスティングサービス、サイバートラストがSSL認証、電子証明書、デジタル署名などのセキュリティサービスを、それぞれ提供する。