大塚商会(大塚裕司社長)、アライドテレシス(大嶋章禎社長)、マイクロソフト(樋口泰行社長)の3社は9月24日、大塚商会が10月から提供開始する「検疫システム導入スターターパック」の開発で協力すると発表した。

 「検疫システム導入スターターパック」は、Windows Server 2008に標準搭載されているネットワークアクセス保護(NAP)やActive Directoryの機能に、アライドテレシスのセキュリティ・スイッチ製品を組み合わせ、最新の検疫システムを低コストで実現するソリューション。また、大塚商会が導入設計サービスを提供することで、導入企業の負担軽減を図る。

 導入企業は、ネットワークに接続したPCの状態を自動的にチェックし、外出先からのノートPCの接続や私用PCの持ち込みに対しても安全な社内ネットワークを構築することが可能となる。今後、3社は、共同マーケティング施策を展開し、セミナーの開催など販促活動を進めていく。大塚商会では、初年度100社への提供を見込んでいる。