クエスト・ソフトウェアは9月30日、「Lotus Notes」から「SharePoint」への効率移行支援ツール「Notes Migrator for SharePoint」を発表した。

 「IBM Lotus Notes/Domino」に格納するアプリケーションコンテンツを、「Windows SharePoint Services3.0/Office SharePoint Server 2007(SharePoint)」のリスト、ドキュメントライブラリおよびInfoPathフォームへ自動移行する。

 既存の「Lotus Notes」コンテンツを移行する際、移行先の「SharePoint」に新規リスト、ドキュメントライブラリを作成し、ユーザーの要望に合わせた新しい「SharePoint」階層構造を構築できる。

 また、移行ジョブやデータ抽出、データロードの定義ファイルは再利用可能で、必要に応じてカスタマイズしたり、新たにフィールドをマッピングした定義ファイルを作成したりなど、効率的に移行が可能という。