インフォベック(小林晃社長)は10月6日、同社が運営する「GRANDITコンソーシアム」にパナソニック電工インフォメーションシステムズ(河村雄良社長)が加盟したと発表した。

 GRANDITコンソーシアムでは、最新技術基盤を採用したWeb-ERP「GRANDIT」の開発・販売を通して、ERPパッケージソフトのデファクトスタンダード化に向けた取り組みを推進している。04年4月の販売開始以来、コンソーシアム全体での累計受注社数は約350社となっている。

 パナソニック電工インフォメーションシステムズが加盟したことで、同社の持つ生産管理、SCM、MES(製造業の品質、生産量、納期コストなどの改善を図るソリューション)のノウハウを「GRANDIT」に融合する。また、西日本に基盤を持つ同社のネットワークを生かし、販売・サポート体制強化を図る。