日本SGI(佐藤年成社長)は、ドイツのCAEソフトメーカーであるSFEと日本市場における販売代理店契約を締結し、同社製品の国内販売を手がける。

 日本SGIでは、製造業向けCAE分野におけるハードとソフト環境の構築や導入、サポートで高い実績をもつ。この実績をさらに生かし、CAEアプリケーションの設計・開発業務の全般的な技術支援のため、同分野で高い技術力をもつSFEと協業することにした。

 今後、SFEの主力製品「SFE CONCEPT」の国内販売やコンサルテーション、導入支援、サポートを提供し、既存顧客へCAEの用途拡大を提案するとともに、開発・設計プロセス全体に対する業務効率向上を推進する。「SFE CONCEPT」の税別価格は475万円。

 SFEは日本SGIとの販売提携で、世界各国の主要自動車メーカーの要求に応えて開発してきた高度なCAE製品群を日本市場に展開し、日本SGIへのバック・サポート(技術支援)とコンサルテーションを提供する。