ネットワールド(塩田侯造社長)は、米コヨーテ・ポイント・システムズのロードバランサーの最新版「Equalizer(イコライザー)v8.0」を10月23日に発売する。

 複数の「VMware ESX Server」や仮想サーバーファームの一元管理ツール「VMware VirtualCenter(VC)」と連携可能な「Equalizer VLB(Virtualization Load Balancing)機能」を搭載。同機能では、「VMware」の仮想化環境でもアプリケーションパフォーマンスと高可用性を実現し、最適な負荷分散が可能という。

 Web管理画面は、Ajaxを採用した画面へと改良。導入・運用の管理者負荷を軽減し、アプリケーションの負荷分散や高速化におけるコストを従来以上に削減可能という。対象機種は、「Equalizer SIシリーズ」の上位2機種「Equalizer E550si」と「同 E450si」。価格は「同 E450si」の携帯端末対応が183万7500円、二重化パック・携帯端末対応が362万2500円、「同 E550si」の携帯端末対応が202万1250円、二重化パック・携帯端末対応が398万4750円。