アラジンジャパン(小坂優社長)は、ソフトの違法コピーや不正使用を防止する著作権管理(DRM)ソリューション「HASP SRM」の新版「同 V3.50」を発売した。

 新版では、WindowsとMacおよびLinuxで動作可能にした。これらのOSで稼働するアプリケーションソフトを著作権侵害から防ぐことができる。異なるOSにアプリを移植する場合でも、ソースコードを含めたプロテクション作業は不要で、開発者の負担を軽減できるという。価格は4900円から。発売後1年間で20万個の販売を目指す。