NTTデータ(山下徹社長)は、最適なBI(ビジネスインテリジェンス)システムの導入を支援する「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」サービスを11月25日から提供開始した。

 同社がこれまで培ってきたITグランドデザインから業務コンサルティングまでのコンサルティングノウハウと、高度な情報分析技術・方式技術を組み合わせて新しくサービス化した。DWH(データウェアハウス)構築やBIツールの導入を検討している顧客に向けて、性能検証や実データを用いたデモを行うことでシステム構築前後のギャップを解消し、情報基盤構築から情報分析活用のコンサルティングまで、顧客の業務改革を実現するBIシステムの円滑な導入を強力にサポートする。

 同社では、まず製造分野向けにサービス提供し、順次、流通、テレコム、金融、公共分野などの分野に展開。今後1年間で10件のサービス提供を見込んでいる。将来的には、同サービスを契機としたBIシステム全体のシステム開発で200億円の売り上げを目指す。