ソフォス(アラン・ブロデリック社長)が製品アップデートについて明らかにした。08年10月には同社の提供している統合脅威管理ソリューション「Endpoint Security and Control」のなかのアプリケーションコントロールの管理対象に仮想化アプリケーションを追加したことで、事前の仮想化アプリケーションのセキュリティ対策を実現した。

 ソフォスは現在セキュリティソリューション「Sophos Security and Control Solution」というブランドで、統合脅威管理製品の「Endpoint Security and Control」、ネットワーク検疫の「NAC Advanced」、メールセキュリティソリューションの「Email Security and Control」の3カテゴリのソリューションを提供している。

 現在提供している「Endpoint Security and Control(ESC)8」は、アンチウイルス対策の「Sophos Anti─Virus」、パーソナルファイアウォール「同Client Firewall」、ネットワーク検疫の簡易版「同NAC」、各クライアントにインストールされたアンチウイルスを一元管理する「同Enterprise Console」、シグネチャの自動アップデートツール「EMLibrary」を一つにまとめたものだ。ESCの特徴は、Windows、Mac、Linuxといったマルチプラットフォーム環境に対応したセキュリティを提供していること。また、シングルエージェントによる一元管理が可能となっていることだ。

 ESCでは2006年より、ユーザーの権限に基づいて、アプリケーションのインストールの管理を行う「アプリケーション・コントロール」機能を提供しているが、今年10月には仮想化アプリケーションにも対応した。「サーバーレベルでの仮想化は早急な対処が必要とされる段階ではないと考えている。だがデスクトップベースの仮想化は管理の目が行き届いていないことも多く、すぐに対策が必要だ」(牛込秀樹営業企画本部長)と警鐘を鳴らす。

 各社が提供しているのは仮想化した上でゲストOSごとにウイルス対策を施す事後対策だが、同社は「仮想化アプリケーションの運用方法自体にぜい弱性がある」と指摘する。「自由に仮想化が導入できるケースがある。その結果、IT管理者が把握していないイメージは当然対策が施せないため、マルウェアに感染するリスクが出てくる」(平野祐司マーケティングマネージャ)というのだ。

 同社の提供するアプリケーション・コントロール機能に仮想化アプリケーション管理を追加したことで、ユーザーごとに必要に応じた仮想化アプリケーションの管理を行うことが可能になる。

 直近のアップデートでは「NAC Advanced」において、09年2月にNACで提供するエンドユーザーのメッセージを日本語化する。そのほか、メールゲートウェイ向けの総合メッセージセキュリティソリューション「Email Security and Control」で提供しているアプライアンス製品である「ES1000」「同4000」のクラスタリング対応も行っている。