NJCネットコミュニケーションズ(田中啓一社長)は、ASPサービス「recipe(リサイプ)」に新規加入したユーザー1社ごとに植樹を実施し、植樹証明書を送付するサービスを12月9日から開始した。

 同社の主力事業であるASPサービス「recipe」は、ユーザーによるサーバー購入や管理が不要で、コスト削減だけでなく、CO2削減など、環境に配慮したエコロジーなサービスとなっている。

 今回の植樹活動では、植樹サービスを企画・販売するレインボー・ジャパン(ケビン・マヤソン代表取締役)の「エコロギフト」を、ASPサービスに新規加入(月額料金2万円以上)したユーザー名で購入。ユーザーに植樹証明書を送付する。植樹証明書には植樹した樹木の名称や、植樹した場所の緯度・経度などが詳細に記載されており、エコロジー活動をより実感できる内容となっている。

 同社では、植樹活動およびユーザーのASPサービス利用により、年間約30tのCO2削減を目標としている。