ネットジャパン(蒋冠成社長)は、米Marathon Technologiesのフォールトトレラントソリューション「Marathon everRun VM」を発売した。

 「Citrix XenServer」で稼働する仮想マシンを保護するためのソリューション。2台のホスト上で全ストレージとI/O操作をミラー化し、フォールトトレラント並みの保護レベルを確保できる。仮想マシンごとに最適な保護レベルを選択可能で、保護したい仮想マシンの可用性を自動設定することも可能。

 ベアメタルハードウェアに直接実装し、Xenハイパーバイザー上で仮想マシンを直接実行するため、余分なオーバーヘッドによる影響を受けずに、高いパフォーマンスで仮想マシンを稼働させることできる。標準的なIAサーバーを利用し特殊部品を使っていないので、メンテナンスや拡張が容易な点も特徴。

 税別価格は、「Citirx XenServer Enterprise Edition」付きで1ライセンス85万円。4ソケット以下、1年間のプレミアサービス含む。発売後1年間で1億円の売り上げを見込む。