KLab(真田哲弥社長)は1月15日、携帯向けメール配信エンジン「アクセルメール」をバージョンアップし、ウィルコムが同日から提供開始した新ドメイン名「willcom.com」に対応したと発表した。

 「アクセルメール」は、携帯メール配信を高速化する導入型のソフトウェア。サーバーにインストールするだけで、携帯電話向けメールを1時間60万通以上配信することが可能となる。また、携帯電話キャリアの特性ごとに最適化されたメールの送信処理を行うことで、遅延の起こらない効率的な携帯メール配信を実現する。

 同社では、これまでも携帯キャリアの最新動向を把握することにより、配信処理の最適化を図ってきた。その一環として、iPhone 3Gなどのメールアドレスにも早期に対応している。今回、ウィルコムの新ドメイン名にも対応することで、@willcom.com宛のメールでも速く、確実に携帯メールを配信することができる。