理想科学工業(羽山明社長)は、沖縄県那覇市に総合サポート拠点「RISOコンタクトセンター」を開設、2月2日に運営開始する。

 新センターは、同社製ハードウェアおよびソフトのサポートと消耗品のオーダー受け付け、コンタクト業務を手がけるユーザーサポートセンター。ハードのサポートでは、デジタル印刷機「リソグラフ」、高速カラープリンタ「オルフィス」に関する技術的な問い合わせや修理・点検業務を手がける。

 一方、ソフトサポートでは同社製プリンタのドライバやアプリケーションなどの問い合わせと、PCとの接続や同社製品のネットワーク設定の問い合わせに対応する。また、コンタクト業務では、同社製品を有効活用するための電話による支援を提供する。

 同社では、新センターで今後増加が見込まれるユーザーサポート業務を一元的に実施するとともに、同センターに寄せられた意見・要望を積極的に活用し顧客満足度の向上を図る考え。