ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は1月23日、中堅・中小企業向け基幹業務ソフト「PCA会計シリーズ」のSaaS型サービス「PCA for SaaS」を初期費用0円で利用できる新しい料金体系「イニシャル“0”プラン」を2月2日にスタートすると発表した。

 「PCA for SaaS」は、これまで初期費用としてSaaS専用のクライアントプログラムを事前に購入し、月額費用として毎月のサーバー使用料を支払う料金体系を採用してきた。今回の「イニシャル“0”プラン」では、サービス利用時に必要な初期費用を0円とし、利用するソフトウェアのライセンスとユーザー数に応じたサーバーの月額使用料を課金する方式を採用した。

 初期費用を0円とすることで、世界的な金融危機の中、システム導入を断念せざるを得ない状況を緩和し、手軽に基幹業務システムを導入することが可能となる。また、自社内でのサーバー導入、運用管理が不要となるため、中小企業においても複数台のクライアントPCを使用した業務処理環境を低コストで実現できる。

 料金体系は、ソフト利用ライセンスが「ソフト利用ライセンスA」(PCA会計/給与/商魂/商管9 V.2 for SaaS 2ユーザー」で各3675円、「ソフト利用ライセンスB」(PCA会計/給与/商魂/商管9 V.2 for SaaS、PCA公益法人会計V.10 for SaaS 2ユーザー)で各6300円、「ソフト利用ライセンスC」(PCA公益法人会計V.10 for SaaS)で7875円。

 サーバー利用ライセンスが「Type2」(2ユーザー限定/1GBまで)で基本ライセンス(2ユーザーライセンス付)1万9950円、「Type6」(最大6ユーザー/2GBまで)で基本ライセンス(3ユーザーライセンス付)2万5200円、追加ライセンス(1ユーザー単位)8400円、「Type12」(最大12ユーザー/4GBまで)で基本ライセンス(6ユーザーライセンス付)4万7250円、追加ライセンス(1ユーザー単位)7875円、「Type24」(最大24ユーザー/8GBまで)で基本ライセンス(12ユーザーライセンス付)8万8200円、追加ライセンス(1ユーザー単位)7350円。