NEC(矢野薫社長)とウイングアークテクノロジーズ(内野弘幸社長)は1月28日、NECのHAクラスタソフト「CLUSTERPRO」と、ウイングアークテクノロジーズの統合プリンタ制御ソフト「Report Director Enterprise(RDE)」およびPDFファイル生成モジュール「SVF for PDF」の連携を強化したと発表した。

 今回の連携強化では、帳票印刷環境の統合管理を行う「RDE」の運用状況を「CLUSTERPRO」が監視することで、ミッションクリティカルな基幹系帳票システムを実現する。これにより、万が一、ハードウェア、OS、ソフトウェアの障害が発生した場合でも、業務を止めない帳票基幹システムの構築が可能となる。

 また、「CLUSTERPRO」と「SVF for PDF」の連携では、複数の帳票サーバーによるロードバランス構成のシステムの動作環境を「CLUSTERPRO」が監視。障害検出時には、アプリケーションやサーバーの自動リブートを実行するなど、PDFファイル運用におけるシステムの堅牢性、信頼性の高いWeb帳票システムの統合管理を実現する。