ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、ペイメントカードデータ業界のグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」を策定している国際標準化団体「PCI SSC」の参加企業(PO:Participating Organizations)国内全8社によって2月20日に発足した「PCI SSC PO Japan 連絡会」に、発足メンバーとして参加した。

 「PCI SSC PO Japan 連絡会」は、PCI DSSを始めとした情報セキュリティ対策基準に対する知識向上・実装ノウハウを必要としている、カード加盟店・金融機関・サービスプロバイダ・POSベンダーなど幅広い業種の企業の受け皿となり、日本国内の情報セキュリティ対策に関する課題を共有する。加えて、情報交換・技術交流を通じて、クレジットカード情報の保護に積極的に取り組むことを目的としている。

 同連絡会においてネットワンシステムズは、事務局を担当し、会長として営業推進グループ・セキュリティ事業推進本部・本部長の山崎文明氏が就任した。同社では、発足メンバーとして参加することによって、POメンバー間の連携および、国際ペイメントカードブランド各社、QSA(認定審査機関)、クレジット産業業界関連団体との交流・連係を行い、クレジットカード情報の安全確保に取り組んでいく。

 また、PCI DSSはペイメントカード業界に限らず、情報セキュリティに関するベストプラクティスとして、官公庁・自治体・学校法人・事業法人などのあらゆる業種に有効なデータセキュリティ基準であることから、同連絡会の活動を通じて、ISMSや情報セキュリティ管理基準などを補完する実装基準としての利用について取り組みを図っていく方針。