富士通ビジネスシステム(FJB、鈴木國明社長)とマイクロソフト(樋口泰行社長)は3月9日、ビジネスインテリジェンス(BI)分野での協業を強化し、Microsoft SQL Server 2008(SQL Server 2008)を核としたBIソリューションの共同提案活動を開始すると発表した。

 第一弾として、「経営の見える化」「現場の見える化」を実現するため、SQL Server 2008 Reporting Servicesを中心とした「BIテンプレート」を協力して開発し、これらを活用したソリューション構築、拡販、およびプロモーションを共同で実施する。

 すでに、ユーザーからの需要が高い「販売管理用」「在庫管理用」「会計管理用」を用途とした計22種類のBIテンプレートを開発完了しており、さらに今後順次テンプレートのラインアップを増強していく。また、FJBは、既存システムのデータ調査からデータの取り込みの設計、構築、運用設計、導入後のレポートカスタマイズや新規作成に向けた教育まで、BIに関するあらゆるサービスを網羅するBIソリューションを提供していく。

 両社は、3年間で60社への販売を目標にしており、今後、Microsoft Office SharePoint Server 2007などを活用したBIソリューション領域の拡大や、テンプレートの品揃え強化などBIビジネスのさらなる拡大に注力していく方針。