NTTデータイントラマート(中山義人社長)は、日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト、小野功社長)の社内専用Webメールシステム「IM-社内便」を3月11日からOEM製品として販売開始した。価格は、50ユーザーライセンスが31万5000円から。

 「IM-社内便」は、社内ユーザーのみを宛先とするメールシステムで、外部へのメール誤送信による情報漏洩のリスクを低減しながら、全社員間での連絡や情報共有が可能となる。また、メールサーバーを構築する必要がないため、簡単かつ安価に社内メール環境を用意することができる。

 社内専用のメールシステムとして利用し、社内と社外のメールによるコミュニケーション手段を分離する。これにより、社外とのコミュニケーションを制限するためにEメールアドレスが使用禁止となっていた社員も、社内メール環境を利用することができ、社内業務の円滑な遂行が可能になる。

 さらに、NTTデータイントラマートのビジネスシステム構築基盤製品「intra-mart」上で稼動するため、「intra-mart」がもつワークフロー、ポータル、グループウェア、文書管理などへの拡張が可能となり、全社情報システム資産の効率的な統合・最適化を実現する。