ディアイティ(下村正洋社長)は3月12日、米WildPacketsのLANアナライザの新バージョン「OmniPeekシリーズ 6.0」を4月6日に発売すると発表した。同時に、分散したネットワークの監視管理ソリューション「OmniPeek Network Solution」の新しいパケットキャプチャエンジンアプライアンスとして「OmniPliance Network Recorder(有線用)」と「OmniRFGrabber(無線用)」を発売する。

 「OmniPeekシリーズ」は、使いやすさとコストパフォーマンスに優れたLANアナライザ。新バージョンでは、急速に普及が進むVoIP、Video over IPの解析に、従来までネットワークデータのみに対応していたダッシュボードやレポート機能を取り入れることで、QoS/QoEの管理を容易に行えるようにした。また、シスコのSCCP、アバイヤのCCMS、SIP、H.323、RTSP、MGCPにも対応したほか、ユーザーインターフェイスには、タブ切換などユーザーの要望に応える機能を加え、より使いやすいLANアナライザにバージョンアップした。

 「OmniPliance Network Recorder」は、64ビットに対応したLinuxベースの高性能な10/100イーサネット、1ギガ、10ギガビットの有線LAN用パケットキャプチャエンジンアプライアンス。MPLS/VLAN(マルチプロトコルラベルスイッチング/バーチャルLAN)にも対応している。

 「OmniRFGrabber」は、IEEE802.11a/b/g/nに対応した無線LAN用のパケットキャプチャエンジンアプライアンスで、内蔵するプラグインを利用することで、ローミング状況の把握も可能となっている。

 「OmniPeekシリーズ 6.0」と「OmniPliance Network Recorder」、「OmniRFGrabber」を組み合わせることで、分散したマルチメディアネットワークの管理、監視、ヘルスチェックおよびフォレンジックを容易に実現する「OmniPeek Network Solution」として活用できる。

 税別価格は、「OmniPeekシリーズ 6.0」が21万8000円から、「OmniPliance Network Recorder」が248万円、「OmniRFGrabber」が28万7000円。