フィードパス(津幡靖久社長)は、SaaS型データベース「サイボウズ デヂエ for SaaS(デヂエ for SaaS)」を、薬局向けマネジメントサービスとして構築支援を行い、ネグジット総研(永田信雄代表取締役)に提供した。また、これを機に両社は、サイボウズSaaSの販売パートナー契約を締結し、「PharmacyDB(ファーマシーデービー)powered by サイボウズ デヂエ」として、ネグジット総研が販売開始した。

 「デヂエ for SaaS」は、インターネット環境とWebブラウザがあれば、簡単に利用可能なデータベース。今回、ネグジット総研では、保険薬局向けの新たなマネジメントサービスとして、拠点間で利用でき、自社運用ではなくアウトソース可能なシステムを検討した結果、「デヂエ for SaaS」の導入を決定。「デヂエ for SaaS」を活用し、保険薬局(店舗)における日々の業務結果の管理や店舗オペレーションの改善を実現するマネジメントサービス「PharmacyDB powered by サイボウズ デヂエ」を独自構築した。

 同サービスは、店舗日報管理、店舗収益予実管理、店舗方針管理、ヒヤリハット・クレーム管理などの機能を備えており、本部と保険薬局(店舗)間の情報を蓄積し、共有することができる。ネグジット総研では、「デヂエ for SaaS」の導入にあたり、導入の手間を削減するため、フィードパスの構築支援サービスを活用。基本機能をベースに、期間・店舗の絞込み設定、アクセス権の設定、各種収益データの集計など、細かな要件に応じた機能も数多く取り入れている。