インターコム(高橋啓介社長)は3月17日、明細電子配信システム「Web給金帳 V2」シリーズのオプション商品として、富士ゼロックス(山本忠人社長)の複合機・プリンタから明細書の取得を実現する「Web給金帳 V2 セキュリティ出力オプション for Fuji Xerox Devices」を3月19日に発売すると発表した。

 「Web給金帳 V2」シリーズに新オプションを導入し、富士ゼロックスの複合機を情報端末とする明細配信方法を追加することで、受給者の環境や要望に合わせて、パソコンへの配付や複合機での配付、携帯電話への配付などを組み合わせて運用することができる。

 さらに、富士ゼロックスの複合機による配付では、受給者本人が複合機画面上でパスワードを入力し、明細を出力して取得するため、他人に間違えて配付されることや、配付の過程で紛失するなどの事故を防止するなど、セキュリティ面の向上も図ることができる。

 新オプションによって、多くのパート・アルバイト社員や工場勤務社員を抱えている会社、および社員一人一人にパソコンが導入されていない企業でも全社的に明細電子配信システムを導入可能となる。また、市販の給与ソフトと連携するラインアップを揃えており、対応する給与ソフトをすでに利用している企業では、特別なカスタマイズなどをする必要なく、すぐに導入することができる。価格は8万4000円。富士ゼロックスおよびその販売会社が販売を担当する。