ベース(中山克成社長)と富士通システムソリューションズ(Fsol、秦聖五社長)、富士通アドバンストソリューションズ(FASOL、岡田和男社長)の3社は、中国の貝斯(無錫)信息系統有限公司(ベース情報システム)に出資する。出資後の持分比率は、ベースが54.9%、Fsolが12.3%、FASOLが9.8%。

 ベース情報システムは、08年12月にベースと富士通ビジネスシステム(FJB)による共同出資会社。FsolとFASOLの出資によって、富士通グループの資本比率が38.5%になった。富士通グループ3社と従来以上に強固な協業体制を確立する。

 ベースは、中国でのオフショア開発と、中国市場向けソリューション事業の拡大を図る。また、今回、無錫政府の関連企業である無錫創新創業投資有限公司にも出資し、無錫政府との連携も加速させる構え。一方、Fsolは、オフショア開発に加え、自社ソリューション「WebSERVE」「WebSERVE smart ソリューション」を中国現地企業に本格提案する体制を築く。

 FASOLでは、ビジネスポテンシャルが高い中国市場参画への基盤を確立するとともに、オフショア開発の拡大により人的リソースの確保とコストダウンを図り、顧客により良いソリューションの提供に取り組む。