富士通(野副州旦社長)は4月2日、デジタルサイネージシステム「マルチモニター情報配信システム」がみずほ銀行(西堀利頭取)の各支店で採用されたと発表した。システムは、富士通がグループ会社である富士通ゼネラルのデジタルサイネージシステム「Plasmawave」をもとに構築した。

 同システムを使うことで、みずほ銀行は自社の顧客向けに金融情報をディスプレイを通じて提供する。各営業店では、窓口対話による商品・サービスの説明だけでなく、タイムリーな金利情報や金融商品の新キャンペーンといった情報を、即座に営業店の窓口以外でも提供。ユーザーの待ち時間などを有効活用して従来以上に商品・サービスのプロモーションを活発化させる。

 「マルチモニター情報配信システム」は、店舗に設置した最大1400台のディスプレイに対しコンテンツを一括配信する。各営業店のPR施策に応じて、営業店ごとや同一店舗内のコーナーごとに配信するコンテンツを分けることも可能。

 富士通は、システムの提供や配信作業だけでなく、コンテンツの企画立案から制作、管理までも手がける。富士通は、採用に至った理由について、「システムの提供だけでなくコンテンツの立案から制作・管理、データ配信まで総合的に請け負う体制があり、みずほ銀行に運用負担が少ない点」と分析している。