三菱商事グループのシステムインテグレータ(SIer)であるアイ・ティ・フロンティアは4月7日、自社SaaS型サービス「OluOlu(オルオル)」を開始した。第一弾として、電子文書管理機能の「OluOlu CABINET」とプロジェクト管理支援の「同 CABINET/TRACLE」を同日付けで発売した。

 「OluOlu CABINET」は、電子文書など企業が持つデータを、関連・協力会社などの外部企業も含めセキュアな環境で共有・管理するECM(コンテンツ管理)サービス。ワークフローや全文検索などの機能を持つECMをネットワークを通じたサービス型で提供する。

 一方、「同 CABINET/TRACLE」は、プロジェクトの進捗管理を「同 CABINET」で支援するテンプレート。各タスクや課題ごとに、関連する仕様書や成果物などを紐付けて管理する。価格は、1契約30万円で、月額費用は10ユーザー、ディスク容量10GBの場合で25万円から。

 「OluOluシリーズ」では、SaaS型サービス購入の障壁と言われるセキュリティ面を強化した。SSLにより通信を暗号化したほか、「情報セキュリティマネジメント認証(ISO27001)」を取得した自社データセンターで運用することで、顧客に安心感を訴える。

 今回用意した2種類のサービスは第一弾で、5月には第二弾サービスを投入する。複数の業務アプリ画面を組み合わせてポータル画面を構成するインターフェース「同 START」と、「同 CABINET」のオプションとして、内部統制の運用テストフェーズ支援の「同 CABINET/J-SOX」を販売する計画。

 将来的には、自社アプリだけでなく他社のアプリもラインアップに加える計画。中堅から大手企業をターゲットに、2013年度に年間100億円の売り上げを目指す。「OluOlu」とはハワイ語で「快適な」という意味という。