HDE(小椋一宏社長)は4月6日、メールの統合プラットフォーム「HDE Mail Application Server」上で動くアプリケーション第2弾として、高性能メール配信ソフトウェア「HDE Mail ApplicationServer #Delivery」を5月20日に発売すると発表した。

 「HDE Mail Application Server #Delivery」は、企業が必要とするメール作成および配信に関するさまざまな機能を備えた、高性能なメール配信ソフトウェア。既存のECシステム、オンラインバンキング、防災・防犯など公共システム、コンテンツマネジメントシステムなどとの連携に最適な各種機能をEJBで提供することで、Java開発者による開発工数を減少し、短期間・低コストで企業向けの高性能メール配信システムを構築できる。

 具体的には、配信スケジューリングとエラーメール管理を作り込む工数を削減できるほか、携帯キャリアの独自仕様向けの機能を調査し作り込む工数、および携帯電話キャリア/ISP向けの高速メール配信運用の工数を削減することが可能となる。

 価格は525万円から。追加Controllerモジュールが1サーバー315万円、追加MTAモジュールが1サーバー210万円。