HDE(小椋一宏社長)は、ゲートウェイ型メール暗号化/電子署名付加ソフトの新版「HDE Secure Mail 3.5 for S/MIME」を4月10日に発売した。

 「HDE Secure Mail for S/MIME」は、第三者によるメールの「盗聴」や「改ざん」「なりすまし」に対抗するため、ゲートウェイサーバーとしてメールを自動的に暗号化、および電子署名を付加するソフトウェア。

 新版では、暗号化アルゴリズムとして「AES」を追加採用し、鍵長は最長の256ビットを実装した。AESに対応したことで、セキュリティレベルの高いメールクライアントでも使用することができる。また、暗号方式において事実上の世界標準、および強度の高いアルゴリズムを採用することで、汎用性があり、かつ、よりセキュアなメール環境を構築可能となった。

 価格は10アドレスで210万円から。価格の15%で年間サポートを提供する。