オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は4月23日、ヴイエムウェア(三木泰雄社長)と協業し、中堅成長企業向けERPパッケージ「奉行V ERP」シリーズを「VMware vSphere 4」に正式対応させるとともに、中堅成長企業市場に向けて積極的に仮想化を利用した導入支援を行っていくと発表した。また、中小企業についても最新の奉行シリーズとの提案と合わせて展開していく。

 「VMware vSphere 4」は、サーバー統合・仮想化環境を実現する業界初のインターナルクラウドOS。社内外クラウド構築のための共通基盤として各クラウド間の移動をシームレスに実現し、ハードウェア、OS、アプリケーションなどに依存しないインフラを提供する。

 今回、「奉行V ERP」シリーズにおいて、「VMware vSphere 4」を正式サポートすることで、企業のシステム環境集約化によるコスト削減や電力消費低減、およびCO2削減を実現し、さらにスタンドアロン環境からのアップグレードなどを推進する。また、OBCとヴイエムウェアでは、中堅成長企業のITインフラ選択の幅を広げる先進のソリューションを提供していく。