日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、データセンター事業者やISV、SIerとの間で、SaaS事業の協業体制を構築することに本格的に乗り出す。SaaS型ビジネスを展開したいITベンダーに、日本オラクルが持つミドルウェアやソリューション、米本社のデータセンター運営ノウハウを提供することで、自社のビジネスを拡大させる。

 鈴木登志夫・常務執行役員アライアンス統括本部長は、「米オラクルは自社でデータセンターを保有し、ユーザー企業に対してSaaS型のアプリケーションサービスを展開しているが、日本オラクルはユーザー企業よりもパートナー向けの支援ビジネスを主力としている。データセンターを持つITベンダーやISVなどさまざまなパートナーを支援する役割を演じたい」と説明。SaaSビジネスを自社単独ではなく、パートナーと協業する形で展開する姿勢を鮮明にした。

 具体的には、オラクルのアプリケーションサービス基盤「Oracle SaaS Platform」やSaaS型サービスを展開するために必要なノウハウなどを提供する。SaaS関連の技術情報や他社との他ベンダーとの協業提案、「Oracle SaaS Platform」への適用支援、共同プロモーションなども手がける。

 協業するパートナーについては、3種類に区分している。(1)データセンター事業者の「サービス/プラットフォーム・パートナー」(2)SaaSに適したアプリケーションを持つISVなどの「コンテンツ・パートナー」(3)SaaS型サービスと他サービスの連携を手がける「ソリューション・パートナー」とした。すでに日本オラクルのSaaSビジネス戦略に賛同したパートナーは、NEC、富士通、日本ユニシス、NECネクサソリューションズ、F5ネットワークスジャパン、きっとエイエスピー、ウィングアークテクノロジーズなど15社となっている。(木村剛士)