ミラクル・リナックス(ミラクル、児玉崇社長)は、オープンソースの統合監視ソフト「ZABBIX」で、システムインテグレータ(SIer)向けのパートナープログラムを6月1日に開始する。

 プログラムでは、ユーザー企業・団体にシステム提案するSIerが、「ZABBIX」を導入する際必要になる技術・営業情報やノウハウを提供する。5月に開設予定のパートナー向けポータルサイトを通じて、「ZABBIX」の営業資料および運用マニュアルなどの技術資料、導入支援ツール、導入トレーニングプログラム、検証済みバイナリを提供する。すでにインテリジェンス ビジネスソリューションズ(小澤稔弘社長)が同プログラムへの参加を決めた。

 「ZABBIX」は、ラトビア共和国発のオープンソース系統合監視ツール。統合監視ツールは一般的に高額・多機能な製品が多いなか、安価でシンプルな同ツールの利用が国内でも進んでいる。ミラクルは、08年に「ZABBIX」の導入コンサルティングおよびサポートサービスを開始している。