グッドコミュニケーションズ(高橋美博社長)とトランスウエア(松田賢代表取締役)は5月19日、業務提携を行い、グッドコミュニケーションズの鹿児島を中心としたプロバイダサービス「SYNAPSE(シナプス)」において、トランスウエアの高機能Webメール「Active! mail 6」のサービスを5月7日から標準機能として提供開始したと発表した。

 今回の業務提携では、「Active! mail 6」のISPドメイン向けサーバー無制限ライセンス(ユーザー数無制限)を利用して、グッドコミュニケーションズが「SYNAPSE」ドメインでメールサービスを利用しているユーザー向けにWebメールサービスを提供する。さらに、独自ドメインで提供しているメールホスティングサービスのユーザー向けにも「Active! mail 6」をWebメールオプションサービスとして提供開始する。

 また今後は、「Active! mail 6」のインターフェイスからWebサーバー上でのファイル管理とファイルをメールに添付することなく第三者に受け渡すことを可能にする「ファイル管理拡張オプション」を、オプションサービスとして提供することも共同で検討していく予定。