リンク(岡田元治社長)は、テクマトリックス(由利孝社長)と提携し、リンクのIPビジネスフォンサービス「BIZTEL」とテクマトリックスのCRMシステム「FastHelp SaaS」を連係した本格的なSaaS型コールセンターソリューションを提供開始した。

 「BIZTEL」は、インターネットにつながる環境であればどこでもIPビジネスフォンが利用可能で、短期間かつリーズナブルにCTI・コールセンターシステムを構築できる。一方、「FastHelp SaaS」は、コールセンター向けCRMシステム「FastHelp」をSaaS型で提供するもの。電話・メールによる対応履歴の一元管理を実現する。

 今回、両サービスを連係することで、ユーザーは業務が効率的に行える本格的なコールセンターシステムを、低コストかつ短期間で導入することが可能となる。リンクとテクマトリックスでは、この提携を機に「BIZTEL」および「FastHelp SaaS」のさらなる拡販を図り、より手軽で使いやすいコールセンターシステムの普及を目指す。