日本テラデータ(吉川幸彦社長)は5月28日、パートナー企業専用の「Teradata検証センター:Teradata Competency Center(TCC)」を横浜市港北区の港北事業所内に開設し、6月1日から運営開始すると発表した。

 同センターは、Teradata製品の販売活動を推進するパートナー約20社向けの支援強化策のひとつとして開設するもの。センター内に、「Teradataデータウェアハウス・アプライアンス2550(Teradata2550)」を常設しており、パートナーは「Teradata2550」の販売活動や連携ソリューションの開発を目的として、機能検証・アプリケーションの動作確認・ベンチマークテストなどを行うことができる。また、顧客の実データをロードして利用することもできるため、現在利用しているシステムとの比較が可能となる。

 パートナーが環境構築や評価・検証を行う際には、構築経験や知識が豊富な同社のエンジニアが必要に応じて技術支援を行う。なお、パートナーは、エンジニアの支援も含め同センターを無償で利用できる。