ITコーディネータ協会は、宮城県が情報システムの全体最適化に向けて、県情報政策課内に外部人材のITコーディネータをアドバイザーとして配置したと発表した。

 ITコーディネータは、情報システムの企画・開発・運用の技術的アドバイスほか、費用見積もり・評価なども手がけ、効率的な業務推進をサポートする。今回、宮城県では、ITコーディネータが最適な人材であると判断し、宮城在住のITコーディネータ・本田秀行氏を配置することを決めた。