日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は6月9日、北九州市役所の基幹系業務システムの再構築において、従来のファイアウォールに加え、アプリケーションを識別する次世代ファイアウォール製品「Palo Alto Networks」の「PAシリーズ」を導入したセキュリティ環境を構築したと発表した。北九州市役所では、「PAシリーズ」の導入によって、さらなる安全性の向上を実現した新システムを09年度中に順次稼働開始する予定。

 今回、北九州市役所は、センシティブな情報を含む基幹系業務システムをオープン化するにあたって、これまで以上のセキュリティの強化が必要と考え、(1)解析により絞り込んだアプリケーションごとに通信の許可/遮断を実現できる機能があること、(2)日立システムが導入している製品に関して、事前に十分な評価を行っていること、(3)日立システムのネットワーク・セキュリティ環境構築のこれまでの導入実績--といった点を評価し、「PAシリーズ」を採用した。

 北九州市役所では今後、「PAシリーズ」を利用したセキュリティ環境によって、住民情報などのセンシティブな情報を扱う基幹系業務システムと、職員情報系システムや電子申請などを受ける外部ネットワークを連携させた市民行政サービスを開始する。