ビープラッツ(藤田健治社長)は6月16日、米オプソースと戦略的提携を行い、日本市場におけるSaaS事業の推進において協力することで合意したと発表した。

 今回の提携によりビープラッツと米オプソースは、SaaS事業における専門性と経験を生かし、業界の課題やグローバルなSaaS事業展開への対応などについて、魅力的なソリューションを提供するために協力していく。

 米オプソースの日本での事業展開をビープラッツが支援するとともに、展示会などへの共同参加など、マーケティング活動における協力も予定している。また、ビープラッツの推進するSaaS化(イネーブリング)事業においても、米オプソースのソリューション「オプソース オン・デマンド」を活用し、ビープラッツのSaaS事業者向け支援ソリューション「SaaSplats」と連携するなど、相互に協業関係を深めることで、日本市場でのSaaS事業を推進していく方針。