リンク(岡田元治社長)は、共同事業者であるエーティーワークス(伊東孝悦社長)とともに、ハウジングの自由度の高さをもちながらもホスティングのような運用サポートを提供するサービス「at+link コロケーションサービス」を6月29日に開始した。

 「at+link コロケーションサービス」は、ハウジングと専用ホスティングのメリットを併せもつサービス。at+linkのオリジナルサーバーを提供するため、データセンターに保守スタッフが常駐し、30分以内という短時間で駆けつけてオンサイト保守を行うことができる。ユーザーの所有するサーバーをデータセンターに持ち込んで運用することも可能となっている。

 また、サポートのレベルは、電源のオフオンのみという作業から、ユーザー指定の手順に従った対応までを選択でき、柔軟な運用が可能。さらに、回線は10Mbps帯域保証で月額7万円からという業界最安値を実現。広帯域が必要な運用でも安心して利用できる。

 サービス料金は、回線(帯域保証10Mbpsから)が初期費用5万2500円、月間利用料7万円から。ラックが初期費用15万7500円、月間利用料21万円から。サーバーが初期費用9万9750円から、月間利用料0円から。